• ホーム
  • 避妊薬に含まれるエストロゲンは血栓の原因になる?

避妊薬に含まれるエストロゲンは血栓の原因になる?

2019年05月28日

避妊薬には血液を凝固させる作用があり、血栓症が発症するリスクがあります。
血管内で血液が塊になって血管をふさぐと、それより先の血液の流れが少なくなるか、なくなります。
その結果、塊から先が壊死して心筋梗塞や脳梗塞が起こったり、炎症が起こったりします。
はがれた塊が別の血管に流れていき、その血管をふさぐこともあります。

血栓症は、静脈で起こるものと動脈で起こるものがあり、エストロゲンは主に静脈で起こるタイプに、黄体ホルモンは主に動脈で起こるタイプに関わるといわれています。
避妊薬を服用したときに起こる血栓症は、主に静脈に起こるタイプです。
避妊薬に含まれるエストロゲンと黄体ホルモンのうち、エストロゲンの量が多いほど、発症のリスクが高まります。

避妊薬を服用している女性の静脈血栓症の発症リスクは、避妊薬を服用していない女性のリスクを1とした場合、3~5です。
妊婦の発症リスクは12程度になるので、やや増加する程度といえます。
避妊薬を飲み始めてすぐに(1年以内)発症する頻度が高く、長期間服用してもリスクが増えるわけではありません。

ただし、家族に血栓症にかかった人がいるとリスクが高くなります。
また、本人がかかったことがある場合には、服用を禁じられています。
喫煙は、血液の凝固を促進させる作用があるため血栓症が起こりやすくなりますが、避妊薬を服用中の女性が喫煙すると、動脈血栓症のリスクも高くなります。

避妊薬の服用中に、下肢の痛みやむくみがある場合には、すぐに服用をやめて受診しましょう。
特に、激しい頭痛や胸痛、言語のもつれ、視野の喪失、失神、呼吸困難などは血栓症の症状ですので、ただちに医療機関を受診してください。

関連記事
家族性高脂血症での低用量ピルの使用について

ピルといえば「避妊薬」というイメージがありますが、実は他の治療にも幅広く使用されています。例えば、生理前にイライラしたり、体に不調が現れやすいPMS、月経困難症や月経不順、子宮内膜症の治療にも低用量ピルを処方されるケースは少なくありません。また、ホルモンバランスの乱れが改善する為、ホルモンが原因のニ

2019年06月25日
低用量ピルは生理周期を調整してくれる

生理は生理不順や妊娠などで一時的にこなくなることもありますが、大人になってもずっと生理がこないという人もあり、この場合は原発無月経と呼ばれる症状であることが考えられます。生理が来ない原因は人それぞれ違いがありますが、特に多い原因としては卵巣に異常があることがあげられます。そのほかでは脳の中枢の異常が

2019年07月12日
ピルの中でも人気の高いアンジュ

低用量ピル「アンジュ」は、3相性ピルと呼ばれるタイプの避妊薬で、日本では一番普及しているタイプです。含まれている女性ホルモンが自然なホルモンバランスになるように3段階に変化させているのが特徴です。子宮内膜が安定するので、不正出血が他の避妊薬と比べて少なく、休薬期間中の生理もきちんとあります。その反面

2019年05月08日