• ホーム
  • 過多月経に悩むなら婦人科へ!

過多月経に悩むなら婦人科へ!

2019年11月04日
考えている女性

毎月の月経は女性にとって正直憂鬱なものです。
過多月経とは月経の量が多いことです。
激しい場合は、昼間でも夜用のナプキンとタンポンを併用しても、1時間で下着にもれてしまう人もいます。
血液だけでなくドロっとした塊が出ることもあります。
たいていは激しい腹痛を伴い、仕事や生活にも支障をきたします。
痛み止めや座薬で痛みは少しは緩和されますが、過多月経は治りません。

こんな場合は子宮内膜症や子宮筋腫など婦人科の病気であることが多いので、婦人科を受診するべきです。
これらの病気がある場合、妊娠しにくいことが多いので不妊相談するといいでしょう。

子宮内膜症とは、子宮以外の臓器(卵管や卵巣など)に何らかの原因で子宮内膜が飛び、毎月月経のたび子宮内膜から出血するので過多月経になります。
子宮筋腫の場合も子宮が大きくなるので過多月経になることが多いです。
擬似妊娠療法で、避妊薬を飲めば、月経がとまり、月経痛や過多月経から解放されます。
1年も内服すれば、余分な子宮内膜が吸収されていきます。
避妊薬の副作用で肥満などいろいろありますので、本人に合うかどうか、婦人科の医師といろいろ相談してください。
避妊薬をやめればまた月経が再開します。
今までよりは月経の量もへり、痛みもへります。
これで妊娠しやすくなりますし、日常生活も楽になります。

不妊相談の人の中には、受精卵が着床しにくい、または着床してもすぐ流産してしまう不育症の人もいます。
根気良い治療で妊娠も可能ですので、あきらめずに、通ってください。

昔は結婚する年齢が若く、何人も生んでいたので子宮の病気や不妊相談も少なかったようです。
肌と同じように、子宮も卵巣も加齢によって老化します。
老化すると妊娠しにくくなります。
次々と子供を生んでいたら、月経が止まるので子宮内膜症にもなりません。
晩婚化で子供を産む人数が少ないのも原因のひとつでしょう。

関連記事
家族性高脂血症での低用量ピルの使用について

ピルといえば「避妊薬」というイメージがありますが、実は他の治療にも幅広く使用されています。例えば、生理前にイライラしたり、体に不調が現れやすいPMS、月経困難症や月経不順、子宮内膜症の治療にも低用量ピルを処方されるケースは少なくありません。また、ホルモンバランスの乱れが改善する為、ホルモンが原因のニ

2019年06月25日
低用量ピルは生理周期を調整してくれる

生理は生理不順や妊娠などで一時的にこなくなることもありますが、大人になってもずっと生理がこないという人もあり、この場合は原発無月経と呼ばれる症状であることが考えられます。生理が来ない原因は人それぞれ違いがありますが、特に多い原因としては卵巣に異常があることがあげられます。そのほかでは脳の中枢の異常が

2019年07月12日
次の生理に備える避妊薬と受胎調節

これまでの受胎調節では、男性が本番時に対処を行う事で、負担に性差は発生していましたが、女性用の避妊薬が登場してから状況は変わり、男女共に対策が行える様になっています。女性向けの避妊薬には、受胎調節効果が備わっていますから、次の生理に合わせて使用する事が望ましく、事前に予防と考え活用する意識が必要です

2019年08月07日