• ホーム
  • 次の生理に備える避妊薬と受胎調節

次の生理に備える避妊薬と受胎調節

2019年08月07日
笑顔の女性

これまでの受胎調節では、男性が本番時に対処を行う事で、負担に性差は発生していましたが、女性用の避妊薬が登場してから状況は変わり、男女共に対策が行える様になっています。
女性向けの避妊薬には、受胎調節効果が備わっていますから、次の生理に合わせて使用する事が望ましく、事前に予防と考え活用する意識が必要です。
メーカーが認める避妊薬の使用法を行えば、医薬品本来の受胎調節機能が引き出せますし、体も無理なく受け入れられますから、次の生理を恐れずに男性と関係を持つ事が可能です。
専門医なら想像は付きますが、具体的な次の生理は女性本人が確認すべきポイントですから、避妊薬の効果と受胎調節を成功させる為には、使用する自身が自覚を持って取り組む必要性があります。
物理的な受胎調節を行う男性用に対し、女性向けは化学的な作用をもたらす避妊薬なので、どちらも働きや効果は異なりますが、上手く組み合わせれば次の生理でも安心して対処出来ます。

服用タイプの避妊薬には、段階的に受胎調節機能を引き出し、体が妊娠を避ける状況を作り出す目的があります。
飲んで直ぐ効果を発揮するわけではありませんから、既に体が妊娠に備えた状態であれば、次の生理を考え受胎調節する状態ですし、現状は諦めて前向きに避妊薬を用いる方が現実的です。
また、初めて受胎調節する場合は、避妊薬に対する怖さや次の生理以降への不安は考えられますが、体調の変化を引き起こす要因は様々ですし、医薬品は効果が承認されてから市場に出回っていますから、医師の下で観察や対応が行われれば安心です。
ただし、全てを医師任せにするのではなく、日記やカレンダーに状態を記録したり、変化を事細かくメモしておけば安心が高められます。

関連記事
家族性高脂血症での低用量ピルの使用について

ピルといえば「避妊薬」というイメージがありますが、実は他の治療にも幅広く使用されています。例えば、生理前にイライラしたり、体に不調が現れやすいPMS、月経困難症や月経不順、子宮内膜症の治療にも低用量ピルを処方されるケースは少なくありません。また、ホルモンバランスの乱れが改善する為、ホルモンが原因のニ

2019年06月25日
低用量ピルは生理周期を調整してくれる

生理は生理不順や妊娠などで一時的にこなくなることもありますが、大人になってもずっと生理がこないという人もあり、この場合は原発無月経と呼ばれる症状であることが考えられます。生理が来ない原因は人それぞれ違いがありますが、特に多い原因としては卵巣に異常があることがあげられます。そのほかでは脳の中枢の異常が

2019年07月12日
避妊薬に含まれるエストロゲンは血栓の原因になる?

避妊薬には血液を凝固させる作用があり、血栓症が発症するリスクがあります。血管内で血液が塊になって血管をふさぐと、それより先の血液の流れが少なくなるか、なくなります。その結果、塊から先が壊死して心筋梗塞や脳梗塞が起こったり、炎症が起こったりします。はがれた塊が別の血管に流れていき、その血管をふさぐこと

2019年05月28日