• ホーム
  • セックスレスになるより28日タイプの避妊薬を

セックスレスになるより28日タイプの避妊薬を

2019年09月03日

子供が欲しくないからという理由でセックスレス夫婦になる場合もあります。
お互い合意の上でのセックスレスならまだいいのですがどちらかが性欲がある場合には配偶者に拒否されるのは辛いものです。
もしも子供が欲しくないという理由だけでセックスレスになるのでしたら28日タイプの避妊薬を使うのがいいでしょう。
ここで言う避妊薬とはピルのことなのですが低用量のものを毎日飲むことによって妊娠しない体を作れるのです。
排卵を抑制する力があるためきちんと飲んでいればコンドームなしでも避妊できます。

避妊薬には21日タイプと28日にタイプがあるのですが28日タイプの方がいいのは飲み忘れを防止できる点にあります。
実はどちらのタイプも効果が同じなのですが28日タイプの場合は7日分の偽薬が含まれています。
21日タイプの場合は21日薬を飲んで7日間お休みしなければいけませんがつい7日間も休んでいますとついうっかり薬を再開するのを忘れてしまうこともあります。
ですので偽薬を飲むことによって毎日欠かさず飲める28日タイプのもののほうがいいのです。

これで避妊がきっちりと出来れば夫婦のコミュニケーションとして性交を楽しむことができます。
セックスレスが解消されれば夫婦仲も良くなりますし喧嘩もなくなる事でしょう。
また不倫の危険性も回避することができます。
男性の場合はセックスレスになった事が原因で不倫に走る場合も多いのです。

もしもこれからピルを始めるのでしたらまず産婦人科に相談してみましょう。
通販でも購入することができますが通販ですと飲み方の説明が医師から直接聞けません。
避妊目的で利用する場合には通販でも処方でもどちらでも保険は適応されませんが処方してもらう方が何かと安心です。

関連記事
家族性高脂血症での低用量ピルの使用について

ピルといえば「避妊薬」というイメージがありますが、実は他の治療にも幅広く使用されています。例えば、生理前にイライラしたり、体に不調が現れやすいPMS、月経困難症や月経不順、子宮内膜症の治療にも低用量ピルを処方されるケースは少なくありません。また、ホルモンバランスの乱れが改善する為、ホルモンが原因のニ

2019年06月25日
低用量ピルは生理周期を調整してくれる

生理は生理不順や妊娠などで一時的にこなくなることもありますが、大人になってもずっと生理がこないという人もあり、この場合は原発無月経と呼ばれる症状であることが考えられます。生理が来ない原因は人それぞれ違いがありますが、特に多い原因としては卵巣に異常があることがあげられます。そのほかでは脳の中枢の異常が

2019年07月12日
次の生理に備える避妊薬と受胎調節

これまでの受胎調節では、男性が本番時に対処を行う事で、負担に性差は発生していましたが、女性用の避妊薬が登場してから状況は変わり、男女共に対策が行える様になっています。女性向けの避妊薬には、受胎調節効果が備わっていますから、次の生理に合わせて使用する事が望ましく、事前に予防と考え活用する意識が必要です

2019年08月07日